【平井景のドラム教室~生徒発表会&ミニライヴ~】レポート

5


楽しみにしていた発表会、去る9月23日、ついに賑やかに行われました。そのレポートを、ピアノでサポートした私、江本翔がお伝えします。

本番に向けて、何度も練習を重てきた生徒さん達。当日は緊張の面持ちで、会場となった高円寺Grainに集合しました。

生徒さん達は早めに会場入りし、ドラムや機材のセッティング、客席の配置、音響チェックなどを自分たちで行いました。これも、発表会だからこそできる、貴重な体験ですね。

9

:::  :::  :::

今回は一人2曲ずつを順番に演奏しました。

そして、一緒に演奏するのはプロミュージシャン。
サックス・坂田明奈さん
ベース・いちろうたさん
ピアノ・江本翔
ずいぶん、豪華なバンドになりました。


●トップバッターは、源さん。

「トップバッターが肝心」とのプレッシャーもなんのその。今回は初めてスイングの曲にもチャレンジ。ドラムソロがメインの、ビッグバンドでもお馴染みのあの曲。やみくもに叩きまくるのではなく、曲の後半のクライマックスに向けて、徐々にバンド全体を盛り上げていくことを課題にしていましたが、見事に大成功!

普段から他の生徒さんへの面倒見も良く、この教室の「兄貴」「コーチ」のような存在の源さん。さすが、素晴らしいスタートを切ってくれました。

2

1


●二番手は、昨年からこの教室に通い始めた石川さん。

「ドラムは10年振りに再開。人前で叩くのは、大学のジャズ研以来」とのことで、かなり緊張した様子。この日は、ご家族も観覧に来られており、気合充分。娘さんが大好きなディズニーから選曲し、ジャズ・ワルツやジャズ・サンバのアレンジで披露しました。

共演したミュージシャンから「演奏で対話が出来て、音楽的だった」との感想も。小さな娘さんの応援が、客席を和ませました。

3

4


●三番手は、唯一の女性ドラマー、菅生さん。

「息子さんが独り立ちしたら、自分のやってみたかったことをやる!」と、それまで楽器に触れたこともなかった菅生さんですが、思い切って平井景さんの門を叩きました。それも何年も前のことで、今では女性の憧れの存在。「私も、こんな風に楽しそうにドラムを叩く大人の女性になりたい」と、いつも観客を魅了しています。

キメが難しい曲を演奏しましたが、バッチリとタイミングが合い、菅生さんも満面の笑み。菅生さんの創り出す世界を、会場全員が楽しむことが出来ました。

7

6



●四番手は、最近入門した、一番新しい生徒・小柳さん。

それまで「まさか自分が音楽をやるとは思っていなかった」という小柳さん。ほんの数ヶ月前に、このドラム教室に見学に来て、初めてドラムのスティックを握ったのでした。

もちろん最初は、ドラムの何がどうなってるか、どうしたらリズムの形になるか、まったく分からなかったのですが、「ドラムを叩けるようになってみたい」という憧れの気持ちは、何にも増して練習のエネルギーになるものなのでしょう。みるみるうちに、とてもイイ感じのドラミングになってきました。

実は他の生徒さん達も、ずいぶんと小柳さんにアドバイスしたり、練習に付き合ったりしてたので、もう皆が「我が子を見守る」かの様子。ブルースのような渋い曲とビートルズという、音楽的なドラミングが要求される曲をやり切り、会場中から絶賛の拍手が巻き起こりました。

10

8


●あっという間に時は過ぎ、いよいよラスト。ここまで、ライブとしても、とても良い流れ。そこで、ドラム教室のベテラン・角田さんが登場。

ずっとロックを中心にアマチュア活動をしている角田さんですが、平井景さんに習うようになって、もう10年以上。ずいぶんと音楽の幅が広がったと言われます。今回は、イーグルスのバラードでドラムソロをやるというチャレンジも。味のある演奏が印象深かったです。

また、ドラムを演奏しながら歌を歌う、弾き語りならぬ「叩き語り」で、ラストを盛り上げてくださいました。

11

12



これにて、メインプログラムは終わり。

・・・のはずでしたが、番外編として私、江本翔も、ドラム演奏を披露させていただくことに。実は、昨年から私も平井景さんに個人レッスンを受けているのです。

そして、自分の番だけ、ちゃっかりギタリストを呼んでいるという仕込みっぷり。素晴らしいギタリストの中村俊介さんです。ロック系の曲で盛り上がりました!

個人的には、ウーンまずまずのドラミング、、といった感想ですが、この貴重な機会を糧に、これからますます頑張りたいと思いました。

image3


13


:::  :::  :::


休憩のあと、講師の平井景さんが加わり、サポートミュージシャンによるミニライヴへ突入!ミニといっても、たっぷり1時間!

普段、作曲活動もされている平井景さん。有名曲のみならず、自身のオリジナル曲も含めてライブは展開していきました。

最後の曲「Buy Today's Honey By Tomorrow's Money」では、平井景さんの圧巻のドラムソロ!プロフェッショナルとしての演奏を堪能することができ、生徒さんたちだけでなく、観客として来られた方々も大満足なプログラムになりました。

image2


:::  :::  :::

ミニライヴ終了後、生徒さん、ミュージシャン、スタッフの皆さんと共に打ち上げも行われました。その日の演奏を振り返ったり、質問が飛び交ったり、ワイワイと美味しい食事を楽しみました。

14


酔いも回ってきた辺りで、緊張がほぐれた生徒さんとサポートミュージシャンによるセッションが始まりました!

会場には、ドラムが2台用意されていたので、平井景さんと生徒さん達がツインドラムで共演。こんな充実した一日を、皆さんで共有できるなんて、なんと貴重なことでしょう。

15


そんなこんなで、思い出に残る発表会は、大成功で終了しました。

これは、次の機会がまた楽しみになりました。近いうちに実現したいものです。

16


────────────
今後のスケジュールです
────────────
●10月25日(水) 20:00 - 22:00
●11月15日(水) 20:00 - 22:00
●11月29日(水) 20:00 - 22:00


場所:スタジオノア 野方店 (03-5380-1969/ 東京都中野区野方3-30-7)
----------------------
いつでも気軽に見学にお越しください。(初回無料)
ご興味ある方は、まずはこちらをご覧ください。
↓↓↓
ドラム教室について