ピアノでレッスンをサポートしている江本翔です。
2018年のドラム教室も始まりました。

1月はここ数年の中では一番の寒さで、体調を崩す生徒さんも多かったのですが、レッスンは元気良くスタートしました。

この日は、主にハイハット・シンバルに関して掘り下げていきました。左足で踏む、二枚合わせのシンバルのことです。

「ハイハットは息づかいを表現」という平井景さんの言葉。
image1

ハイハットをアクセントの付け方、刻む細かさ、踏むタイミングなどによって、リズムのフィーリングが大きく変化します。

スネア、バスドラ(キック)といった皮モノ(太鼓類)、それぞれの間を取り持つ「つなぎ」?!ラーメンで言うとスープ(出汁)?!ハイハットの魅力をそんな風にも例えてみたり。

そんな平井景さんの言葉を真摯に聞いていました。
image4
そして、実践。先ほど聞いたことを意識しながら実際に演奏をしてみます。

平井景さんは今度はベースで、そして僕はピアノ。

image2

なかなか、最初は難しいようですが、少しずつコツを掴み始めてくる様子も見え始め、良いグルーヴも作ることが少しずつ出来てきていた様子でした。
これを復習し、また次回のレッスンへ繋げていけると良いなと思います。

さて、次回のドラム教室は、2/15(木)20:00~@スタジオノア野方店にて行われます。
気軽に見学にお越しください。

それでは、今年もどうぞ宜しくお願い致します。
=====================
●2月15日(木) 20:00-22:00
●2月28日(水) 20:00-22:00
場所:スタジオノア 野方店 (03-5380-1969/ 東京都中野区野方3-30-7)
----------------------
いつでも気軽に見学にお越しください。(初回無料)
ご興味ある方は、まずはこちらをご覧ください。
↓↓↓
ドラム教室について